歯科医師の未婚率が高い理由

歯科医師はなぜ未婚が多いのか

歯科医師に未婚の人が多いのは、忙しくて相手を探す時間があまりなく、そもそも出会いが少ないことが理由に挙げられます。 また、職場以外で相手を探そうにも、忙しさに加えて切っ掛けが少ないことも理由となります。 確かに歯科医師という肩書は魅力的ですし、結婚相手探しにおける武器になるはずです。 しかし歯科医師は増加傾向にあるので、ライバルが多いという事情が存在します。 つまり、歯科医師だから簡単に結婚できる時代ではなく、ライバルに打ち勝たないと結婚できないこともまた、未婚が多い理由の一つです。

出会いの機会が少ない

歯科医師は忙しさと職場環境を理由に、出会いの機会が少ないという問題があります。 それと、歯科医師には開業医が多いから多忙で結婚に費やす時間がないこともまた理由です。 出会いにも偶然や同僚など様々なパターンがありますが、そういう出会いが見つからない人は自分で相手を探すことが必要になります。 しかし、相手探しには時間と労力を使いますから、忙しい歯科医師にはそもそも向かないことだといえるでしょう。 出会いの機会は増やそうと思えば増やせますが、それすら多忙を理由に難しくなるのが歯科医師という職業です。 開業医が多いからモテたりお金に余裕があるはずなのに未婚率が高いのは、こういう理由と事情によるところが大きいです。

収入格差が大きい

収入格差も、実は歯科医師の未婚率を押し上げる理由になっています。 特に開業医が儲かっているイメージですが、実際のところは人によって収入にバラツキがあります。 しかも、稼げている人は限られますし、大半は忙しさに対してあまり儲かっていないのが実情です。 この収入格差も結婚を躊躇させる要因の一つで、未婚率が高まる結果に至っています。 歯科医師の平均年収は決して高くなく、開業医であれば稼げるチャンスはありますが、地域格差も年収に影響してくるので厄介です。 周りにライバルがいない土地であれば、地域の患者さんを独占できるでしょうが、開業医がひしめく都会となると大変です。 下を見ればサラリーマン並、上は1000万円以上というのが歯科医師の世界なので、改めて収入格差の大きさというものが分かります。 稼げている人は相応に忙しく、そうでない人は収入を理由に結婚が遠のいている傾向です。 どちらも結婚しない、結婚できない理由としては十分ですから、歯科医師の未婚率が高いのも頷けます。

他の医師より歯科医師との結婚がおすすめ

医師を相手に結婚を検討するのであれば、他よりも歯科医師と結婚することをおすすめします。 理由は同じ職業ならお互いのことが分かりますし、協力しながら一緒に生活して不足を補えるからです。 他の医師やそれ以外の人と結婚すると、仕事の忙しさに理解が得られず、すれ違いが生じたり大きくなる懸念があります。 その点、同じ肩書を持つ相手であれば忙しそうにしても理解できますし、多少の不満は飲み込んで我慢できるはずです。 また収入格差を埋めるのにも、歯科医師と結婚するのは合理的だといえます。 医療業界以外の人が医師と結婚を考える場合も、他の先生より歯科医師が狙い目です。 忙しい仕事だと理解する必要がありますし、相応のサポートが求められるのは確かですが、常に需要が安定していて将来性もある歯科医師なら安泰です。 より忙しくなりますが独立開業という道も選べるので、現在の収入に不満があっても上を目指せる歯科医師との結婚がおすすめです。

まとめ

歯科医師の未婚率の高さは忙しさが主な理由で、開業医となると結婚どころではなくなります。 他には思いの外収入格差が大きいことも、歯科医師の未婚率が高い理由となっています。 平均年収はそこそこですし、稼げている人は1000万円に到達していますが、一方ではサラリーマン並の年収という人もいるわけです。 このような事情が歯科医師の結婚を難しくしており、中には結婚を諦める人もいます。 歯科医師が結婚するなら、他よりも同じ歯科医師が狙い目で理想的です。 理由はやはりお互いの忙しさを理解できること、不足を補いながら結婚生活を送れることになります。 仕事に関する理解は重要で、理解のない相手と結婚してしまうと心が離れてしまうのは時間の問題です。 忙しくても理解があって納得できる者同士であれば、多少の問題は問題にならなくなるでしょう。 多忙なのはどうしようもありませんから、自由な時間が少なくても一緒に楽しく過ごせる相手と結婚するのが正解です。 歯科医師との婚活は大阪の結婚相談所がおすすめ